MENU

ページトップ

アミノ酸とスポーツの関係

私たちは体を動かすために筋肉を使います。
アミノ酸は筋肉を動かすためのエネルギー補給の一つの手段となり、さまざまな場面で役立ちます。

特にアスリートは筋肉に負荷がかかることが多いため、用途に合ったアミノ酸を摂取することが求められます。
アミノ酸がスポーツに適している理由は、

  • 分解の必要がないため吸収が早い点と、
  • 筋肉が必要としている時にすぐに利用できる点と言われています。

ただしアミノ酸を取れば筋肉が発達するわけではないので、必ず筋肉を動かす=運動する必要があります。
特にスポーツ時に摂取したい代表的なアミノ酸は下記が挙げられます。

筋肉をつけるには、運動+アミノ酸がおすすめ

どのようにして筋肉を増やせばいいのでしょうか?
それには運動が大切です。しかし、運動だけでは十分ではありませんので、運動と同時にアミノ酸を摂ることをおすすめしています。
なぜならば、運動だけの時に筋肉が付く量と、運動にアミノ酸を加えることによって、なんと約3倍も多く筋肉が多く付くことが分かっています。

  • 出典: A Guide to Amino Acid and Protein Nutrition
    著:Robert Wolfe,Ph.D

筋肉に関連する注目の成分『BCAA』

BCAAは、「必須アミノ酸」の中の3種類のアミノ酸「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」を指します。

必須アミノ酸の中でも筋肉にもっとも深く関連するのはこの3つで、 筋たんぱく質中に多く含まれることから「筋肉の成長にとって重要な栄養物質」と言われています。

大きな特徴としては、それぞれの働きに加え、体内で消費される過程にあります。
アミノ酸は主に肝臓で分解されますが、BCAAは直接筋肉で分解され、グルコースの補給が追い付かないエネルギーを提供できます。
そのため、運動前後のみでなく、運動中に摂取してもすぐにエネルギーの補給として活用できる利点があります。

BCAAの中でも「ロイシン」は、筋タンパクの合成を促進することから、特に筋肉との結びつきが強いと言われています。
運動時などに起こる損傷した筋肉を修復する働きがあるため、効果的に筋肉を作りたい時に重宝されます。

筋肉が回復していく段階では、持続的な材料補給が必要です。
適切なタイミングでプロテインも活用するなど、栄養補給やケアで理想の体づくりを目指しましょう。

おすすめコンテンツ

スポーツニュートリションに関わる基礎知識をより詳しく紹介します。

アミノ酸の種類・働きアミノ酸の種類・働き

アミノ酸の種類はさまざま。実は異なるその役割や働きをご紹介。

「ホエイ」って何?「ホエイ」って何?

ホエイプロテインの特長や、動物性と植物性プロテインの違いなどをアニメーションで解説。