MENU

ページトップ

アミノ酸の種類と働き

アミノ酸の種類

アミノ酸は500種類以上あると言われていますが、その中でも私たちの体をつくるたんぱく質のもととなるものは20種類あり、「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」から成り立っています。20種類のうち、1つでも足りなくなるとたんぱく質を合成することができません。

「必須アミノ酸」は9種類あり、人間の体内で合成することができないため、食事から摂取しなくてはなりません。それぞれ人体にとって重要な生理作用を持っているため、1つでも不足すると、健康や美容にダメージを与えてしまいます。

「非必須アミノ酸」は11種類で人間の体内で合成することができます。名称は「非必須」ですが、だからといって重要でないわけではありません。それぞれ人体に欠かせない生理作用を持っています。近年は研究が進んで、ストレスやさまざまな病気に対して重要な働きを持っていることが指摘され始めています。

アミノ酸の働き アミノ酸の働き

アミノ酸の働き

アミノ酸には様々な働きがあります。
肌・筋肉・心臓・骨・脳・血液などを作るもとになり、酵素なども作り出します。
種類が多いため、その働きや使われる分野も多岐にわたり、食品をはじめサプリメントや医薬品、肥料など様々なものに活用されています。

おすすめコンテンツ

スポーツニュートリションに関わる基礎知識をより詳しく紹介します。

アミノ酸とスポーツの関係アミノ酸とスポーツの関係

アミノ酸が筋肉を動かすためのエネルギー補給の一つであり、スポーツに適している理由をご紹介。

「ホエイ」って何?「ホエイ」って何?

ホエイプロテインの特長や、動物性と植物性プロテインの違いなどをアニメーションで解説。